適当に簡単にDIYと掃除と料理

日の浅い主婦が古いお部屋を適当に調べてDIY、掃除した記録です。料理もときどきアップします。

適当にDIY

簡単適当DIYをはじめてきっかけ

もともと19歳で一人暮らしを始めたときから部屋のことは気になるたちでした。

仕事をやめた後に、同じ都道府県内で、夫がかろうじて通える通勤圏内範囲の夫の実家のあるマンションの別の階の部屋に引越しました。管理費の20,000円を月々払うのみで、出費はずいぶんと減りました。(以前は夫婦のお互いの職場近くのタワーマンションで家賃は高かったんです。)
 ただ、夫が産まれる前からあるマンションであり、以前は夫の祖父母が住んでおり亡くなったあとは誰も住んでいなかった場所。3LDKと広いですが、カビの問題、電車の音と軽い振動(引越して住むまですぐマンションの前を電車が走っているなんて私は知りませんでした。ちなみに8階なので振動はそこまでひどくはないです。)、築40年近くで、畳の部屋が2部屋、夫のご家族の使用していない物がたくさんまだ残っているなど、いろいろとありました。

夫のご両親はおおらかで自由にリフォームやDIYしていいということでしたので、荷物のをおおむね運び出してもらった後は、畳の2部屋と、リビングの壁紙などのはりかえ、ハウスクリーニング、ドアの付け替えなどを引越し前に業者に頼みました。総額は170万円くらい。
また、キッチンやお風呂場は以前に夫の祖父母が住んでいた際にリフォームを一度していたようで、比較的新しく綺麗だったので、キッチンのハウスクリーニングのみをお願いしました。
それでも、住んでみるとリフォームしていない部屋を中心に気になるところがたくさんありました。
引越しをしてから、私は妊娠が発覚しひどいつわりでほぼ家にこもっていました。その中で家と向き合うことが多く、体調を、見ながら、素人の私でも簡単に、適当にできるDIYを工夫しながら、1人で、ときには夫にも手伝ってもらいながら続けています。まだ、終わりは見えませんが、古いお家で、目をかけるほど住んでいるお部屋に親しみがうまれます。
私が、さまざまなブログやYouTubeを参考にさせてもらったように、同じような方のすこしでも役に立つことがあるかもしれない、また備忘録として今回適当にやっているDIYをご紹介できたらと思います。


※私はほんとに無理しすぎないよう適当にやっているので、あくまで、参考程度に、DIYは自己責任でお願いいたします。

●これまでやってきたこと 
適当なDIYと掃除、家電関係

・トイレのタンク掃除、トイレの便座のウォシュレットへの交換、トイレットペーパーかけの交換、トイレの壁のカビ掃除、トイレの壁の大量の画鋲の穴塞ぎ

・玄関の壁紙に白い壁紙を上からはる
・玄関のフローリングの上にフローリングシールをはる
・リビングの玄関の土間?にフローリングシール?をはる
・リビングのフローリングの上にフローリングシールを貼る
・リビングとキッチンのフローリングのシールの端や継ぎ目の処理にコーキングをする。まだ終了していません。
・サンルームの窓枠と窓のカビ掃除、木の窓枠のやすりがけ
・サンルームの床にジョイントマットを敷き詰める
・障子の掃除と張り替え
・サンルームのクローゼットの掃除
※後日、追加で1.5畳くらいのサンルームの壁紙と、サンルームのクローゼット内の壁紙の張り替えを業者さんにお願いしました。5万5千円くらい。
なぜここはDIYにしなかったかというと、カビをこれ以上すいたくない、防かびの壁紙がいい、壁紙を買うのもなかなかコストがかかる、1.5畳で、窓と障子以外の壁紙なので壁紙の面積は広くはないものの、つわりもあり気力が残っていなかった、綺麗に壁紙をしてほしい、5万円円台ならということで頼みましたが、結果的にお願いしてよかったです!
・キッチン掃除、片付け
・リビングの掃除用品を入れているクローゼットの片付け収納
・リビングとサンルームのベランダに通じる窓枠と窓の掃除と紫外線カットシールの貼り付け
・照明をポップインアラジン2へ変更
・テレビチューナーの配線隠し
Wi-Fiルーターの壁かけ収納
・コンセント保護カバーとりつけ


●今後やろうと思っていること

・ベランダ側の窓枠のペンキ塗り
・新しい子供部屋のロールスクリーンまたはカーテンの取り付け.ジョイントマットとりつけ
・ドアクローザーの取り付け

まだまだ、これまでにやったこと、これからやることいろいろありますが、上記のようなことをすこしずつ気が向いたときにブログにアップできたらなと思います。